忍者ブログ
Admin / Write / Res
JUGEMより引っ越しました。最近はもっぱらツイートメインですが、長い文章を書きたいときに更新します
[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)
荒川 弘

小学館 2011-07-15
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


荒川弘といえば『鋼の錬金術師』だけれど、実は『百姓貴族』を薦める俺がいる(笑)。

農業と言えば物づくりの苦労と喜び、生産者側と社会の軋轢やドロドロ。酪農と言えば生き物と触れ合える苦労と喜び。「自然は素晴らしい農業は素晴らしい」と説教くさい謳い文句がメインテーマになりがちな第一次産業マンガとは一線を画し、『動物のお医者さん』や『もやしもん』とは全く違う農学系コミックであり。

私達がパックされた、新鮮で安い肉を毎日買える幸せを得られるのは、誰かが私の代わりに豚や牛を育て、誰かが殺し、誰かが解体してくれるから。その、『誰か』を目指す高校生達のお話です。


荒川さんの作品って。うまく言葉に出来ないけれど、ハガレン読んでると「この人のマンガってファンタジーであってファンタジーじゃないな」と思ってしまう。

設定とかキャラクターとか『等価交換』みたいな言葉だけじゃなくて、頭の中だけで組み立てたファンタジーにはない、もっとぶっとくて、どっしり根を張った『何か』が、お話しの真ん中にどーーーーーんとそびえている感触があって。

その『何か』のヒントが、『百姓貴族』にあるような気がするんですね。それは作者が家業に携わる経緯で得た、生命に対する考え方なんだろうなと、漠然と考えているのですが。

『銀の匙』読んで、この考え方は間違ってないんだろうなあ、とボンヤリ思うのです。


『百姓貴族』でも『銀の匙』でも、経済動物(家畜)に対してふたつの気持ちが柱としてあります。

ひとつは「目の前の動物への慈しみ」。もうひとつは「家畜は肉や卵の生産物」。この二つの気持ちが両立し、片方を否定しない姿勢が独特の読後感をもたらしているように思います。

生命を慈しむとは、感情に流されることではない。何より流されたら最後、生産者が破綻する。しかし、『彼ら』は生命そのものであって、その生命ひとつひとつへ注がれる生産者の愛情は本物なのだ。何より我々は誰一人、『彼ら』の存在なくして生きて行く事は出来ない。

一見、矛盾しているけど実はどちらも必要な『本質』を、ドライになりすぎず、ウェットに偏らず、絶妙なバランスで描き出してる様は、作者が酪業・農業経験者である以上に、作家としてのセンスが卓越してるというのもあるでしょう。

さらりと描かれてるけど、実はずっしりどっしり重いテーマだったり、コミカルでテンポの良い日常の描写だけど、実は動物の世話は理屈抜きで大変なんだぜーだったり。

この軽やかさもまた魅力なんだよなあ。もちろん、主人公・八軒くんの目線で描かれる農業高校の生活も、未知なる世界を覗いているような楽しみを味あわせてくれます。


『銀の匙』を読んでる時、牛肉からセシウムが検出されたニュースが流れ、インタビューで泣いていた酪農家のおじさんが重なってしまいます。その涙が重すぎて、私にはかける言葉も持ちえません。
また鉄腕DASHで、浪江町から避難してきた酪農家のおじさんが「数日ぶりに牛舎に戻って撫でてやったら、震えていた。いつも傍にいる人間が突然消えて、異変を理解しているのだろう」と話してたのを思い出します。

普段農業系マンガを読んでも、ついぞ結びつくことのない現実の風景が、ふとリンクしてしまうのも、『銀の匙』が持つ現実感(『あっち』と『こっち』は繋がっている)なんだろうなあ。

と言っても、こういったリアルタイム社会問題を取り上げてほしいとは思いません。『銀の匙』には、『銀の匙』でしか描けないテーマがあると思うのです、はい。

という訳で、二巻以降も大いに期待ですよー。

百姓貴族 (WINGS COMICS)百姓貴族 (WINGS COMICS)
荒川 弘

新書館 2009-12-11
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

拍手[3回]

PR
海がきこえる [DVD]海がきこえる [DVD]

ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2003-08-08
売り上げランキング : 169

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

TVで初見。感想。驚愕でした。

とにかく里伽子、という、『女の子』の生々しさが半端じゃなかった(笑)。振り回しっぷりパネエ! 我がままっぷりパネエ! 女の子に嫌われる女の子すげえ!

優等生で働き者でけなげで誰にも好かれるパヤオヒロイン全否定だもんな!

そもそも里伽子タイプは、パヤオさんには描けないんです。「私には、彼女が理解できない」と『赤毛のアン』を降りちゃったエピソードを思い出します。

そんな女の子が、ジブリブランドで見られただけでも驚愕。

ただ、同時に振り回す里伽子にも、振り回される拓にも、ある種の『生命力』とか『エネルギー』を感じまして。それは、今のジブリ作品には感じることの出来ないものでもあったんですね。(今のジブリは、それはそれで好きなんですがね)。

作り手の理想とシナリオの理屈で制御された『ヒロイン』ではなく、抑えつけられない手なずけられない、制御不能な『女の子』と言う生命。しかも手負いで、痛々しくて、触れるもの何でも噛み付かなくては気がすまない、狭い檻の中で牙を向く野性の生命。

それが、里伽子、という『生命』だったんだなと思うのです。

傷の痛みから解放される過程で、拓は必要だったんだろうな。正直、拓は気の毒としか言えないけど、振り回される方も、振り回す方と同じくらいの『生命力』がないと、身が持たないよなあ。とも思ったりします。ただ、流されるだけなんだけど、流される方も体力いるんだよなあ。なにより、惚れたもん負けともと言うし(笑)。

ファッションに時代を感じたあたり、作りこみもきちんとしてましたね。水彩タッチの淡い背景も、高知の情緒溢れる画面にしてくれました。

今の時代だと『イタい女』の一言で片づけられてしまう里伽子の行動。その『イタイ』と言う意味をことほぐしていくと、等身大の高校生の体温が感じられる作りな作品でした。

でもね、たぶん、リアルタイムで観たら、絶対「里伽子嫌い」の一言で片づけてたと思うな。観るほうもそれなりに年を取って、高校を卒業した彼らのように、いろいろと世界を知ったからあれこれ考える余裕ができたのかもしれないな。

拍手[1回]

プリンセス・トヨトミ (文春文庫)プリンセス・トヨトミ (文春文庫)
万城目 学

文藝春秋 2011-04-08
売り上げランキング : 200

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

半月前に映画行きました。で、原作も読んでみました。

映画の一番の見所は、綾瀬はるかのたゆんたゆんです(真顔)。

万城目氏曰く、ネタの着想は小学生のころだそうで。
誰もが思いつきそうで、だけど「こんな馬鹿な話し」と流してしまいそうなネタを、何百ページにも渡って纏め上げ、読ませてしまう力技には感服です。

映画に関しては、まあ、だいたい予想とおりと言うか想定内と言うか。地方出身で大阪在住の大阪府民からしてみれば、ツッコミどころ満載の映画ですた(笑)

そして原作を読んで、改めて万城目ワールドの映像化の難しさを実感です。



以下ネタバレで。

拍手[0回]

うん、アザゼルさん。土曜の夜中にやってるけど時間的に絶対観れないので、ニコ動の無料配信を観てます。一日最低でも1回は。

アニメ化するって聞いた時、そりゃあ驚愕しました。と条例に喧嘩上等な内容ですからねー。でも「 水 島 努 な ら 仕 方 な い 」。

実際、大成功じゃないですかねwwww
アニメ化に当たって、多少表現がソフトになってるけど、芯は全然変わって無いし。むしろ映像化して何かが振り切れたというか(特に11話のマンダはん)。15分って時間もちょうどいいですね。無駄な引き伸ばしが無いし、つーかテンポはええし。声優さん早口だしそれがまた絶妙な味に。

原作は連載開始当時から、イブニング本誌で観てます。というか、それ以前からもやしもん目当てで(r。
同時期に始まった、絵もそこそこきれいで話しもほどほどだった二本の連載が早々に消えて、アザゼルさんだけがいつの間にか4年も続いてるってことは、やっぱり何か持ってるんだろうなあ。しかしまさかのアニメ化。どうするんだと思ったけど、みずしまつ(r→以下無限ループ

二期やるんですよね、よね?|``)
『よんでますよ、アザゼルさん。』DVD VOL.3『よんでますよ、アザゼルさん。』DVD VOL.3

キングレコード 2011-08-24
売り上げランキング : 112

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

拍手[0回]

はやぶさ君の冒険はやぶさ君の冒険

ワンドロー
売り上げランキング : 20350

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


…をだな、ついうっかりポチったのよ。しかし、カードゲームそのものをちゃんと遊んだことないんだよなあ。コレクターズアイテムになることウケアイ!

拍手[0回]



お絵かきツールを利用するなり。しかしペンタブが画面に合わないので、カーソルが浮くわ切っ先がブレるわで大変。やっぱりペンタブも新しくしたいなあ。肩こりひどいわw

拍手[4回]

と言う事で、新しいBLOGにやってきました。と言っても、まだまだ細かい部分をいじってる最中ですけどね。

長い文章書きたくなったら、何か落としていきます。今後ともよろしくー

拍手[0回]

カウンター
フリーエリア
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[09/02 LINTS]
[08/12 にゃむ]
[08/07 LINTS@管理人]
[08/06 aine]
[08/04 LINTS@管理人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
lints
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
上方在住。のんべんだらり
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
Copyright ©  続・シチュー鍋の中の混沌 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]